スポンサーリンク
楽天ポイントせどり

【完全版】楽天せどりの8つの禁止事項、垢バン対策まとめ

現在、副業ブームで楽天ポイントせどり人口は急激に増えています。

楽天ポイントせどり自体は禁止されているわけではありませんが、行う際には注意する点がいくつかあります。

間違った楽天ポイントせどりによって、楽天アカウントが停止(垢バン)となり、せどりのみならず楽天経済圏の利用が制限されることもあります。

これから安全に楽天ポイントせどりをやっていくために、この記事では過去の垢バン事例をもとに、楽天市場で仕入れる際の禁止事項垢バン対策についてまとめました。

また、記事後半では垢バンに備えたリスク分散方法垢バンになった後の対処法についても触れています。

楽天と長く付き合っていくために、対策していきましょう!

スポンサーリンク

楽天アカウント停止(垢バン)になったらどうなるか

近年、楽天市場を利用してせどりをする人が増えてきたことから、楽天側もせどらーへの取り締まりを強化しているようです。

Twitterで、楽天アカウントが停止(垢バン)になるという事例は多数報告されています。

楽天アカウントが停止(垢バン)すると、以下のペナルティが課されます

  • 楽天市場の利用不可(ログインも出来ない)
  • その他楽天のサービスの利用に制限がかかる(楽天モバイル、楽天ブックス、楽天トラベルなど)
  • 楽天ポイントが消失する

楽天のサービスが使えなくなれば、せどりのみならず私生活や資産形成に影響が出る方も多いでしょう。

また、楽天ポイントの消失は、獲得予定も含め、ポイントを大量に所有(20万ポイントもしくはそれ以上)するせどらーには大きな損失になると思います。

これを聞いて、「楽天せどり続けるの怖いな」なんて思った方、ご安心ください。

これから解説する禁止事項をすべて把握し、しっかり対策すれば垢バンの多くは未然に防ぐことができます。

次章では、楽天市場で仕入れる際の8つの禁止事項と、垢バン対策について解説していきます。

8つの禁止事項と対策

楽天せどりにおける禁止事項と対策を8つの項目でまとめました

それでは、見ていきましょう

1商品を複数個購入

転売対策をしているショップで1商品を複数個購入した場合、楽天に通報されて垢バンになるリスクが非常に大きいです。

転売対策しているショップは、代表的なものだと楽天ブックス、楽天ビック、楽天24などの楽天系列のお店や、ケーズデンキ、アルペンがあります。

ただし、今規制されていないところでもこれからだめになることも考えられるので、一度に複数個の購入はしない方が無難です。

✓対策

もしどうしても複数個購入(縦積み)したい場合は、各ショップ1つずつ複数ショップから購入する、もしくは「町内会で使用するので3つ購入したいです」みたいに理由をつけてお店に問い合わせしましょう。

楽天ポイントを一気に使う

期間限定の楽天ポイントは使用期限が決まっているので、使い方に困ったことがある人も多いと思います。

一方で、せどらーは楽天ポイントを大量に持っていると認識されるため、一度に大量のポイントを使用するとショップ側に怪しまれます。

実際にこれが原因で垢バンになった人もいるようです。

✓対策

楽天ポイントは貯めすぎず、使うときは一気には使わず少しずつ消費していくのが良いでしょう。

購入キャンセルを繰り返す

購入確定後に、キャンペーンのエントリー忘れや値下がり、クーポンの使い忘れなどで購入をキャンセルしたくなることもあるでしょう。

チャーシュー
チャーシュー

あるあるだよね

ただ、購入確定後のキャンセルはお店に迷惑。キャンセルを繰り返すと垢バンのリスクが高まります

✓対策

仕入れをミスったとしても、キャンセルはしないようにしましょう。

クレジットカードの決済エラーを連発する

楽天カードの使用上限額に達すると、お金が払えず決済エラーが起きます。

決済エラーはせどらー関わらずクレカの不正利用を疑われ、楽天もアカウント停止することがあります。

✓対策

クレカの使用上限額はこまめにチェックするようにしましょう。

楽天アカウントを複数(1人の名義で)持つ

楽天アカウントは1人1つまでと決まっています。

2つ以上を自分の名前で作成してはいけません

チャーシュー
チャーシュー

欲張ってはいかん

✓対策

1アカウントでは稼げる上限はたかが知れているので、アカウントを増やしたい気持ちは分かります。

アカウントを増やす場合には家族名義のアカウントを登録するのがおすすめです。

複数アカウントを同じデバイスでログインする

楽天アカウントは1人1つですが、これは名義だけでなく、同じデバイス(パソコン、スマホ)でログインしているかもチェックの対象になっているようです。

要するに、IPアドレスで同一人物かを判断しています。

アカウントの名義を家族に変えたとしても、ログインするデバイスが1つの場合には垢バンの対象になりうるので、注意が必要です。

✓対策

アカウントごとにデバイスを分けることが対策になります。

別アカウントで商品の送り先を同じ住所にする

家族のアカウントで同じ住所に購入品を送るのはOKですが、同一商品(特に購入個数に制限が設けられている商品)を別アカウントで購入して、同じ住所に送るのはNGです。

発送する人が同じ住所に送る際に気付き、ルール違反とされ通報されてしまいます。

これも全ショップでNGというわけではないですが、慎重に行う必要があります。

また、納品代行を利用している方は送り先を代行業者の住所にすると思います。

他のせどらーも同じ住所を贈り先にしていることも考えられますので、できれば代行業者を送り先にするのは避けましょう。

✓対策

別アカウントで同じ商品を購入する際にはタイミングをずらし、1ずつ購入するなどの対策ができます

コンビニ受け取りをしすぎる

家族アカウントで同一商品を縦積みしたい場合、同じ住所に送ると、上述したように垢バンのリスクが高まります。そこで有効なのがコンビニ受け取りです。

ただし、一般の購入者がコンビニ受け取りにすることはまれなので、やってる人は目立ってしまい垢バンに繋がることもあります。

✓対策

コンビニ受け取りをしすぎるのはやめましょう

垢バンへの備え。リスク分散の方法

これまで述べたように、禁止事項を回避していけば垢バンのリスクはかなり抑えられますが、とはいえ100%防げるとも限りません。

垢バンになった時に備え、リスク分散をしておくことも大事になります

具体的なリスク分散の方法としては大きく分けて以下の2つです。

  • 楽天市場以外の仕入れ先を開拓しておく
  • せどり以外に稼ぐ方法を身につけておく

楽天市場以外の仕入先としては例えばヤフーショッピングAmazonがあります。

それぞれ仕入れ方商品リサーチ方法のマニュアルを記事にしていますので併せてご覧ください。

>>>ヤフーショッピングせどりのやり方を徹底解説

>>>Amazon刈り取りのやり方を徹底解説

また、せどり以外で、稼ぐ力を身につけるのも大事です。せどり自体がAmazonに依存する、リスクの高いビジネスですから、新しいビジネスを始めてみることをおすすめします。

中でも、私のおすすめはブログです。

ブログは、リべ大の両学長(有名ユーチューバー)もおすすめする副業で、個人が稼ぐうえで様々なスキルを育ててくれます。

別記事にて、せどりの次に取り組むべきビジネスについて解説しているので、併せてご覧ください。

>>>【せどり中級者向け】次にとるべき行動、3つの選択肢

アカウント停止(垢バン)から復活する方法

最後に、アカウント停止してしまったときの対処法について解説します。

アカウント停止してしまったとしても、復活する可能性はまだあります

まずは停止してしまった原因を考えましょう。

複数アカウントの保持、せどり典型的な商品の大量購入など、明らかなルール違反や転売行為では望みが薄いかもしれませんが、とにかく楽天市場に問い合わせをしましょう

原因が明らかな場合は反省、改善点を入れるといいかもしれません。慎重にメールしましょう。

【楽天市場】問い合わせはこちらから

遅くても2,3日で返信がくるでしょう。結果は楽天の判断次第、あとは祈るのみです。

まとめ

楽天せどりの禁止事項、アカウント停止(垢バン)対策について解説してきました。

楽天せどりをやる上で楽天アカウントの守りは何よりも大事です。

特に、複数アカウントを間違って運用していく場合、垢バンのリスクも高くなります

複数アカウントの運用をうまく行うことが大きく稼ぐうえではキーになってきますので、慎重に運用していきましょう。

それではまた別記事で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました